スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今後の中国造船~バブル崩壊と供給過剰の危機

中国は大丈夫か[47]あっという間に供給過剰~五輪後の中国経済(5):日経ビジネスオンライン

 ただ、造船業界を取り巻く収益環境は急速に悪化しつつあり、早ければ来年にも「造船バブル崩壊」の可能性が指摘されている。中国政府は自動車や鉄鋼などと並ぶ基幹産業として造船会社を手厚く支援してきたが、昨年、過熱した造船所への投資ブームに警鐘を鳴らした。中国経済にとって「新たな火種」になりかねないからだ。

 2010年、中国の建造能力は政府の「船舶工業中長期発展計画」が想定する水準の2倍近くになる可能性がある。無秩序な競争に突入し、造船所が共倒れになる恐れが出てきた。それでも、ブレーキの壊れた機関車のような暴走を止めることはできないままだ。


 中国の大増産に刺激された世界最大手の現代重工業など韓国大手も生産能力を倍増する。この結果、2015年には世界の建造能力は現在の2倍強の1億2500万総トンとなる見通し。世界需要は5000万~6000万総トンと見られるから、実に7000万総トン強という史上最悪の供給過剰に陥りかねない。

 2003年からの造船ブームで、中国が得意とする中型バラ積み船の船価は1隻60億円前後と2.5倍に急騰し、大型石油タンカーも2倍以上の約170億円になった。供給過剰になれば、すぐに「安値受注戦争」に突入するのが造船産業の常である。中国の場合、経営基盤の脆弱な民間から大型造船所の建設に動く国営大手まで大打撃を受ける。

[ 2009/02/16 08:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

辻産業が経営破綻、負債総額758億円

佐世保・辻産業が会社更生法申請 九州で過去8番目の大型倒産

 舶用機械メーカー、辻産業(佐世保市、辻恒充社長)が十二日、東京地裁に会社更生法の適用を申請、経営破たんした。地裁は同日保全管理命令を出した。負債総額は七百四十一億円。九州地区の倒産としては過去八番目で今年最大。県内では過去二番目。

 従業員約百五十人の雇用と事業は継続。本社の舶用事業部門については大島造船所(西海市)がスポンサーに名乗りを上げている。辻産業の四子会社も同日、同法の適用を申請。五社の負債総額は計七百五十八億三百万円。

 辻昌宏会長らは同日、佐世保市内で会見し、「万感の思いを込めお詫びしたい」と深々と頭を下げた。

 同社は二〇〇二年から中国に進出。〇六年には造船業も始め、現在、中国国内に別の造船所を建設中。欧州の船会社から三万トン級ばら積み船などを仮契約を含め計六十七隻約三千億円分受注するなど海運需要の世界的高まりで事業を拡大。〇八年五月期には過去最高となる約二百八十五億円の売上高を計上していた。

 だが、「米国発の世界的な金融危機で資金繰りが急激に悪化」(辻会長)。さらに新造船所への資本参加を要請中だった企業が契約直前で撤退。破たんの引き金になった。

[ 2008/12/13 00:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

造船大手、外国人新卒採用へ

造船重機大手、外国人新卒採用を拡大

 造船重機大手が本社での外国人新卒採用を本格化している。来春、三菱重工業は例年の1―2人から18人に拡大。今年初めて韓国で会社説明会を開いたIHIは韓国人だけで8人に内定を出し、外国人採用は15人と今春の2倍以上にする。産業界では1日、主要企業が来春入社組の内定式を開き、2010年春の採用活動が動き出す。海外事業拡大や国内の技術者不足に対応するため、海外営業要員やエンジニアで外国人採用がさらに活発になりそうだ。

 三菱重工は中国、韓国や東南アジアの出身で、日本の大学に留学している学生を中心に採用する。同社は売上高の約半分を海外が占め、原子力発電機器や小型ジェット旅客機など海外を主戦場とする事業も多い。「グローバル展開には優秀な海外の人材が不可欠」として、今後も20人前後の採用を続ける方針だ。

[ 2008/10/08 06:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

海のカーナビ「Sea-Navi」ユニ造からも航路解析システム

FujiSankei Business i. 総合/海ナビ実証実験へ ユニバーサル造船 ソフトで燃費改善

 造船大手のユニバーサル造船(川崎市)は、燃費や到達時間など目的ごとに最適航路を探索する「海のカーナビ」を開発した。来年から実際に就航中のコンテナ船などで実証実験を始める。航路は通常、船長が海図や気象予報などをもとに“経験”により決定しているが、海のカーナビは、船の大きさや波の高さなどの情報を総合的に計算して最適航路をはじき出す。5~8%の燃費改善などのメリットが見込めるという。

 造船会社は、水抵抗を削減できる船体に改良することで省エネを進めてきた。20年ほど前からはスクリュー周りへの機具装着などによる推進効率アップにも取り組み、数%の燃費改善を実現してきたが、ハード面での技術革新は限界に近づきつつある。そこで同社は、ソフト面での省エネ技術開発に2005年ごろから着手し、運航支援システム「Sea-Navi」を開発した。



運航支援システム “Sea- Navi”(PDF)
ユニバーサル造船、海ナビ実証実験へ 燃費改善期待 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

関連記事:三井造船、就航解析サービスを開始
[ 2008/09/12 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

IHIが韓国で就職説明会

IHIが韓国でリクルート、700人が応募登録

日本企業として初、主要4大学で

 【ソウル4日上田勇実】重工業メーカー大手のIHI(旧石川島播磨重工業)は2日から5日まで、ソウルの主要大学で開催中の就職説明会に日本企業として初めて参加し、話題を呼んでいる。

 同社は、グローバル人材の確保に向け、教育水準が高く、地理的にも近い韓国に着目。求人難の日本と就職難の韓国の間で相互の利害も一致した。説明会参加の打診に回答があった延世大学、高麗大学、建国大学、成均館大学の4大学で、韓国企業に交ざってブースを設置し、講堂などを利用したプレゼンテーションも行っている。

 韓国人採用枠は、来年新卒採用の240人のうち技術系・事務系合わせて約10人。日本語が話せなくても、内定後に会社が6カ月間の語学研修を実施する。待遇は日本人と同一で、入社後は勤務先に近い会社の寮に入る。

 2日から4日までの3日間でブースなどへの来場者は1300人以上、実際に応募登録した学生は700人近くに達した。同社の満永敬哉・人事部採用グループ部長は、「韓国は優秀な人材が多い。今回の説明会で採用が順調にいけば、来年以降も続けたい」と述べた。



IHI企業説明会 日程(韓国語→日本語)

関連記事: IHI「韓国人大量採用」 博士の独り言

この種の「ニュース」は、国内のメディア、新聞では報じられない。国内では報じられないのだが、しかし、韓国紙が、情報をポロリと記事にする。それで「動き」が判る、という。このような事例が増えつつあるかに映る。


[ 2008/09/04 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

ふたたび三菱が大型客船へ

三菱重工:大型客船の建造、今年度内にも再開  - 毎日jp(毎日新聞)

 三菱重工業は大型客船の建造を今年度内にも再開する。02年に大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」の建造中に火災事故を起こしてから新たな受注を止めていたが、再発防止体制が整ったと判断した。収益性の高い大型客船の建造を再開することで、鋼材価格の高騰などで収益環境が悪化している造船事業のてこ入れを図る。

 すでに欧州の客船会社から、客室1000室超の豪華客船2隻を受注する方向で商談を進めており、年度内にも正式契約を結ぶ。1隻目は13年3月、2隻目を14年3月に完成させる予定で、受注額は1隻1000億円規模に上るという。

 大型客船の単価は同規模のコンテナ船の約5倍だが、構造が複雑なため、建造中に予想外の事故も起きやすい。02年の事故も溶接工事の熱が上階の客室に伝わり、家具が燃えたことが原因とされる。

 このため、三菱重工は再発防止に向けて、作業現場の周辺まで詳細に分かる三次元の設計図面を導入し、現場教育も再徹底。さらに客室部分の工事は、ホテルの建設実績がある大手ゼネコンに委託し、三菱重工は船体建造に専念する。

 三菱重工は、91年に完成した日本郵船の「飛鳥」など戦後に6隻の大型客船を建造した実績を持つ。現在、大型客船は欧州メーカーが独占的に受注しているが、三菱重工の大宮英明社長は「大型客船を通じて、造船事業の付加価値を高めたい」と述べ、欧州メーカーに対抗していく構えだ。

[ 2008/08/26 19:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

韓国STXが欧州Akerを買収!

韓国STXがアーケル・ヤーズ造船を完全買収へ(フィンランド・ノルウェー) - ジェトロ

アーケル・ヤーズ造船(Aker Yards ASA)の筆頭株主だった韓国のSTX造船が欧州委員会の許可を得て株式を買い増し、経営権を完全掌握することになった。アーケルはクルーズ船やフェリーの建造を得意とする企業で、クルーズ船ではイタリアのフィンカンティエリ(Fincantieri)とドイツのマイヤー・ベルフト(Meyer Werft)と並ぶ三大メーカーといわれている。世界18ヵ所に造船所を持っているが、そのうちの3ヵ所はフィンランド(ヘルシンキ、トゥルク、ラウマ)にあり、約4,000人を雇用している。フィンランドでは、雇用確保に加え、クルーズ船の製造技術の流出を懸念する声が出ている。

[ 2008/07/25 00:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。