スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

常石、今後5年で700億円投資

ツネイシホールディングス、今後5年間で700億円投資 (NIKKEI NET)

 ツネイシホールディングス(広島県福山市、神原勝成社長)は24日、主力の造船事業を手がける常石造船カンパニーの設備投資計画を発表した。今後5年間で700億円を投じ、海外工場を中心に国内外計4カ所の製造拠点を増強する。世界景気の拡大が海運市況の活況を生み、地方企業の投資判断にも波及してきた典型といえそうだ。

 国内2工場に200億円、海外2工場に500億円を投資。まずフィリピンのセブ工場で220億円をかけ、3月から新船建造ドック1基の新設に着手した。中国・浙江省の秀山工場はドックや船台の増設に150億円を投資する。

 本社のある常石工場(福山市)と多度津工場(香川県多度津町)は生産効率を高める。塗装工程の機械化など、生産設備の更新で120億円をふり向ける。これにより中型ばら積み船の建造能力は約2倍の年間80―90隻に拡大する。

 現在国内外で計約1万人の工場人員も海外を増員していく計画だ。フィリピンで4200人、中国で2800人の従業員を計1万人をメドに増やしていくとみられる。



常石造が5年で700億円投資 (中国新聞)

内訳は、生産設備への投資関連が国内120億円、フィリピン270億円、中国150億円。福利厚生関連が国内70億円、フィリピン20億円、中国50億円―などとしている。

[ 2007/04/26 13:30 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/65-39b14ec1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。