スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国造船、2020年も1位を

韓国造船業、2020年以降も「世界1位」固守を (朝鮮日報)
第6回造船経済フォーラム開催

 「中国が政府の大々的な支援をバックに韓国の造船産業を追撃しています。しかし、新概念・次世代複合の高付加価値船舶を開発し参入の壁を高めれば、2020年以降まで造船産業世界1位の座を奪われることはないでしょう」。金澄完(キム・ジンワン)サムスン重工業社長(造船工業協会会長)は30日、ソウル朝鮮ホテルで開催された「第6回造船経済フォーラム」の主題発表で「将来を見据えて備えれば、引き続き1位を守ることが可能だ」と話した。金社長は、この自信の根拠として▲中国の造船所の平均生産量が依然として韓国の造船所の20分の1に過ぎず「規模の経済」を達成できないこと▲中国の造船所は、韓国より設計能力が劣る日本メーカーにより大きな打撃を与えるという点を挙げた。現在36%の韓国の造船市場占有率が2020年に33%程度へとやや減少しても、付加価値の高い高級船舶をより多く開発し受注すれば克服できるということだ。

 金社長は「韓国の造船産業が2000年に世界1位になれたのは、日本が供給過剰で投資を抑えていた1990年代、造船業好況を予測し積極的に投資したため」と話した。また、造船産業を幹部らがしっかり支え、90年代以降の労使安定も「造船大好況」の土台になったと説明した。ただし、金社長は「造船産業の人材高齢化に備え、毎年平均8%程度上昇する人件費を適切な水準に調節しなくてはならないという課題を抱えている」と指摘した。金社長はまた、造船産業が国内経済で占める比重についても言及した。造船産業は半導体、自動車に続き輸出産業6位だが、昨年211億ドル(約2兆5594億円)の貿易収支黒字を達成し、韓国全体の黒字規模(167億ドル=約2兆0257億円)を上回っている。半導体の貿易収支黒字額は昨年97億ドル(約1177億円)だった。
 金社長は「韓国の造船業は20万人を雇用、家族まで含めると100万人以上が造船業を生活の基盤としている」と述べ、「雇用創出効果」を強調した。また「韓国の造船業は世界のどの国に行っても最高・最先端製品として尊敬されているが、唯一韓国内で“単純で重い産業”と認識されており、残念だ」と話し、参加者たちの笑いを誘った。

 この日の造船経済フォーラムには具正謨(グ・ジョンモ)江原大経済貿易学部教授、金東源(キム・ドンウォン)国民銀行人事(HR)グループ副頭取、金東珍(キム・ドンジン)カス社長、金碩中(キム・ソクジュン)グッドモーニング新韓証券副社長、金世振(キム・セジン)韓国債券評価社長、ペイン&パンパニー韓国支社キム・ヨンヒ副社長、金在祐(キム・ジェウ)アジュグループ副会長、閔東(ミン・ドンジュン)延世大工科大新素材工学部教授、柳一鎬(ユ・イルホ)韓国開発研究院国際政策大学院教授、李秉南(イ・ビョンナム)ボストンコンサルティンググループソウル事務所代表、(株)イメーション李長羽(イ・ジャンウ)アジア・太平洋地域副会長、李鍾洙(イ・ジョンス)現代建設社長、鄭泰雄(チェ・テウン)ウリ銀行副頭取、ランドマーク資産運用チェ・ホン社長、許潤(ホ・ユン)西江大国際大学院教授など34人が出席した。
[ 2007/02/01 13:29 ] 業界ニュース | TB(3) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/57-8386a000


-

管理人の承認後に表示されます
[2007/02/16 03:07] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2007/02/22 02:33] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2007/02/23 04:27] URL








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。