スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

建造中タンカーで火災、1人死亡

建造中タンカーで火災、1人死亡=溶断で引火か (時事ドットコム)

 20日午前10時半ごろ、香川県三豊市詫間町詫間の讃岐造船鉄工所で建造中のタンカー(9000トン)で火災があり、船内から男性1人の遺体が見つかった。県警高瀬署は、溶断作業をしていた下請け業者の作業員(32)とみて身元確認を急ぐとともに、溶断の火花が引火した可能性もあるとみて、詳しい原因を調べる。

 調べによると、火災はタンカー船首部の船底にある高さ約3メートルの密閉空間で発生し、火は外に燃え広がらなかった。作業員は、船外からガスを引き込むホースが付いたガスバーナーで溶断作業をしていた。
[ 2007/01/21 12:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/51-03dc94a2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。