スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浮かばれぬ海の新幹線

techno Super Liner浮かばれぬ海の新幹線 建造費115億…使われず1年3カ月|Sankei WEB

■都心~小笠原諸島17時間「TSL」

 東京都心と小笠原諸島(東京都小笠原村)を約17時間で結ぶ海の新幹線「テクノスーパーライナー」(TSL)が、岡山県玉野市の三井造船玉野事業所に係留されて1年3カ月。一度も客を乗せることなく、全長約140メートルの巨大な姿を漂わせている。

 TSLは、旧運輸省と造船業界が平成元年に開発に着手。1号船は国策会社「テクノ・シーウェイズ」が日本政策投資銀行などから資金調達して三井造船に発注した。建造費は115億円。740人乗りで、最高時速は70キロ。17年11月に就航予定だった。

 だが就航直前になって、燃料費の高騰などから年20億円以上の赤字が見込まれることがわかり、国土交通省と東京都は互いの負担額が折り合わないとして就航を断念した。国土交通省は、現在の安富正文事務次官が海事局長のときに進めた計画だけに「就航はあきらめない」としているが、このままではただの鉄のかたまりと化す可能性もある。

 建造中の16年8月には岡山県を襲った台風16号に遭い、浸水する被害にもあった。さまざまな思惑に漂流を続けるTSL。先行き不透明なまま2度目の年を越した。

関連リンク:
TSL関連記事 (小笠原新聞社)
小笠原航路の超高速船 テクノスーパーライナーの命名・進水式を挙行 (三井造船)
テクノスーパーライナー (Wikipedia)
[ 2007/01/11 13:10 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/48-1395bf66










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。