スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本のタンカーと米原潜が接触



NewPort News and Mogamigawa 事故の詳細がはっきりしない約35分後、短距離無線電話で「こちらはサブマリンだ。緊急のアシストが必要か」との連絡が入った。船員が「どこの国籍か? 所属は?」と問い掛けたが、回答がないまま交信は途絶えたという。

 タンカーから交信できず、約20分後に原潜から2回目の無線が入った。最上川が「タンクに浸水がある」と伝えると、原潜は「緊急の救助が必要か」。最上川が「必要ない」と答えると交信は切れた。原潜との連絡はこの2回だけだった。

米原潜接触事故:船名明かさず…国際法上の違法性なしか-事件:MSN毎日インタラクティブ

 川崎汽船(本社・東京都港区)が9日午後の記者会見で、原潜側が船籍と船名を明らかにしなかったことに不満を表明したことについて、防衛省幹部は「原潜の行動は秘匿して行われるもので、今回が軍事行動だったとしたら、艦長の判断で船名を名乗ることは難しい。しかし、国籍まで出さないのは判断が分かれると思う」と話した。

 国連海洋法条約では衝突時には相手船舶に船名を名乗ることになっているが、外務省によると、米国は同条約を批准していないという。また、潜水艦の航行について規定した国際条約が存在しないため、同省は今回の米原潜の行動に国際法上の違法性はないとみている。


法律はどうあれ、ぶつかった方は名乗るべきだ。



米原潜接触事故地点 - Google マップ
[ 2007/01/10 20:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/47-7f75779e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。