スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

函館のゴライアスクレーン 撤去開始

hakodate_crane.jpg

さよなら港町クレーン、「函館どつく」で撤去作業始まる

 7月1日に開港150周年を迎える北海道函館市の函館港で、函館どつくの造船用大型クレーン「ゴライアスクレーン」2基の撤去が21日始まった。

 港町を象徴したクレーンで産業遺産として保存を望む声もあったが、老朽化のため解体される。

 大型クレーンは1975年設置。2基とも高さ70メートル、幅110メートルで重さは2000トン。3隻の大型船を建造したが、93年の北海道南西沖地震でレールが曲がり、以降は使っていなかった。

 クレーン撤去は大型の起重機船で行われ、1基が約3メートルつり上げられ、切断作業を行う岸壁に移動した。残る1基は25日に撤去する。



関連記事:函館ドック大型クレーン売却
[ 2009/06/22 00:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/169-b51842a8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。