スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

造船15社が合同就職フォーラムを開催

造船15社と日本造船工業会は合同就職フォーラムを10日、横浜市内で開いた。

総合/重厚長大「新卒、今こそ」 人気薄の造船・原子力 就職イベント - FujiSankei Business i.

 ≪「やりがい十分」≫

 「大きな船は東京タワーを横に倒したくらいの長さがある。やりがいは十分」。各ブースから説明者の熱心な声が響く。

 10日開いた造船業界の合同就職フォーラムは今年2月に続き2回目で、アイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(IHIの子会社)や今治造船、ユニバーサル造船、三井造船など前回より1社多い15社がブースを出展。2010年4月入社予定の大学3年生、大学院1年生合計250人が参加し熱心に耳を傾けた。

 造船各社は経済成長が続いた新興国などからの受注が積み上がり、当面3年程度の仕事量を確保し繁忙を極めているが、学生の人気がないのが悩みの種。特に業界再編や効率化のための分社化が相次ぎ社名が変わった会社も多いため「極端に知名度が落ち、他の業界を含めた大規模セミナーではブースに人がこない」(造船工業会)状況が続いていた。

 そこで業界が一致団結し2月に共同就職フォーラムを開いたところ、400人以上が参加し盛況だった。気をよくした今年は来週17日に神戸市内でも開き、毎年開催を定着させたい考え。就職戦線は様変わりしているが「今だからこそ優秀な人材を確保できる」(アイ・エイチ・アイマリンユナイテッド)と、就職フォーラムに期待をかける。

[ 2008/12/12 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/150-6eb29096










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。