スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベトナムの造船業、世界トップ5に選ばれる

ベトナム、世界の造船大国へ - HOTNAM!ベトナム最新情報

 『Fairplay』誌は昨年末、ベトナムを世界の造船国トップ5に選んだ。これは革新的な一歩で、ベトナム造船業界の成長を示すとともに、信頼が国際的に認められたことの表れといえる。

 世界のトップに名を連ねることができたのは、▽作業員の若さ、積極性、技術の高さ、▽世界最先端のITや造船技術の導入、▽技術や人への根深い投資、▽合理的な発展戦略など多くの要素による。この地位にたどり着くまでには大変な苦労があったが、これを維持し、「加工」にとどまらず船舶の「製造」国となるにはさらなる困難が待ち受けている。

 世界有数の造船国とする決心のもと、ベトナム船舶工業グループ(Vinashin)は2015年までに新造船の内地化率を65%に引き上げる目標を設定した。2006年からはCai Lanで年産能力50万トンの鋼板圧延工場の建設を始めており、これが今年第3四半期に操業する。昨年12月には造船用の鋼板を生産するためCuu Long鉄鋼株式会社の株を取得した。今年第4四半期にはDiesel Bach Dang社のラインで生産する、初めてのベトナム製主エンジンが生まれる。また現在はスイスのメーカーと現代的かつ環境にやさしいエンジンの製造で交渉を進めている。

[ 2008/09/16 08:15 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/127-b0f22586










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。