スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明石海峡事故

国内でも有数の交通量がある神戸市沖の明石海峡で5日、貨物船とタンカーの計3隻が衝突する事故が起きた。

asahi.com:タンカー、急に追い越し? 明石の衝突 - 社会

 調べでは、沈没した貨物船は、ベリーズ船籍のゴールド・リーダー(1466トン、乗組員9人)。亡くなったのは甲板手のアレクサンダー・マーカダーさん(33)とわかった。当初は自動操舵だったとされたが、乗組員からの聴取の結果、手動で航海していたことも判明した。

 ほかの2隻は日本船籍の砂利運搬船第5栄政丸(496トン)とタンカー、オーシャン・フェニックス(2948トン)。

 3隻は衝突前、明石海峡の西行き航路(幅750メートル)の入り口を同時にめざして互いに接近するように西進していた。まず、オーシャン号が、ゴールド号を追い抜こうとして右側に針路を変更。すぐ後ろにいた栄政丸の航海士は自動操舵から手動に切り替えて、オーシャン号への追突を避けようと右にかじを切ったが間に合わず、オーシャン号の右舷側船尾に衝突したという。

 一方、栄政丸をやり過ごそうとオーシャン号は左側に針路を変更。船首付近が直進中のゴールド号の右舷に衝突したとみられる。


OSK200803060090.jpg

「船長乗船せず」と検査官 明石海峡で衝突の運搬船:中国新聞ニュース
[ 2008/03/06 12:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zosen.blog70.fc2.com/tb.php/100-2d557e7a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。