スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メガフロート、福島原発へ発進!

20110405megafloat.jpg

時事ドットコム:メガフロート、静岡を出発=福島到着は16日以降

 福島第1原発で汚染水の貯蔵に使われるメガフロート(大型浮体式海洋構造物)が5日午後、静岡市の清水港を出発した。東京電力が横浜市の造船所までえい航して改造する。福島到着は16日以降の見通しで、内部に1万トン程度の水を入れても沈まないという。

 メガフロートは鋼鉄製で長さ136メートル、幅46メートル。清水港で海釣り公園として使われていたが、静岡市が東電に提供した。市は国や東電と補償について協議するという。

スポンサーサイト
[ 2011/04/05 20:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

テクノスーパーライナーを被災者の宿泊施設に提供

被災地で大型船を宿泊施設に 三井造船玉野事業所に係留 - 山陽新聞地域ニュース

 東日本大震災の被災地支援のため、三井造船(東京)は31日、玉野事業所(玉野市玉)に係留している自社所有の大型貨客船「テクノスーパーライナー」を“宿泊施設”として貸し出す、と発表した。

 船は全長140メートル、幅30メートル。定員740人で、2人部屋や3人部屋、2段ベッドが並ぶ大部屋などを備える。軽量のアルミ合金製で、次代を担う超高速船として同事業所が約110億円をかけて建造。2005年に完成したが、発注元の東京の海運会社が燃料高騰などを理由に受け取らず、現在も三井造船が所有している。

 現地の港に係留し、避難所暮らしが長くなっている被災者や、復興支援で全国から駆けつけているボランティアらに利用してもらう。国を通じて受け入れ先の自治体や期間などを調整している。

 同社は「支援策を社内で検討し船の活用を決めた。少しでも役に立ってほしい」とし、義援金5千万円も提供する。



大きな地図で見る
[ 2011/04/05 19:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。