スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大分・南日本造船でタラップ落下事故、2人死亡 24人けが

造船所でタラップ落下、作業員2人死亡23人けが…大分 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 23日午前9時半頃、大分市青崎3の南日本造船(本社・大分県臼杵(うすき)市)大在(おおざい)工場で、建造中の自動車運搬船と岸壁を結ぶ鋼製タラップ(長さ27メートル、幅約1メートル、重さ3トン)が落下し、タラップを渡っていた多数の作業員が岸壁や海中に転落するなどした。

 2人が死亡し、23人が足などにけがをした。

 大分県警によると、死亡したのは臼杵市の下請け会社社員の大分市大道町、松尾洋一さん(53)、同市寺崎町、自営業黒木善友さん(58)。松尾さんは搬送先の病院で死亡、黒木さんは現場で死亡が確認された。同社によると、負傷した23人は、下請けの作業員という。

 南日本造船などの説明によると、岸壁から高さ5メートルの位置にある入り口にかけていたタラップの先端部分に、固定用フックを4個のボルトで取り付けていた。事故後、確認したところ、ボルトの一部がなくなっていたという。消防局によると、現場でボルトが折れているのが見つかったという。

 また、本来は船体に対し垂直にかけるタラップが、この日に限って斜めになっていたという。作業員によると、タラップには20人以上が乗っていたといい、重みに耐えられなかったらしい。県警は、タラップの設置の仕方に問題がなかったか調べる。

 船は3月末の完成予定で、作業用の水路から修繕ドックに移し、この日は午前8時から約200人が塗装作業などをしていた。敷地内の岸壁付近にはシートが敷かれ、負傷者の応急手当てを行っている。

スポンサーサイト
[ 2009/01/23 18:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

韓国造船業の切り札「デジタル造船」

「デジタル造船」で不況を乗り切る韓国造船業界(上) | Chosun Online | 朝鮮日報
「デジタル造船」で不況を乗り切る韓国造船業界(下) | Chosun Online | 朝鮮日報

 IT技術は船舶建造工程の至るところで使われる。韓国の造船大手は、3-5年前から船舶専用の3次元設計システムを運営している。船体やその内部に納められる電線・パイプ・機械装置などを立体的に設計するプログラムで、一般の設計システムよりも精密度が高く、生産性が10%以上向上した、というのが業界の説明だ。



現代重工業は、IT技術を通じ船を完成させる「デジタル造船」計画を進めている。そのため現代重工業は、船舶の契約・設計・建造・アフターサービスなど、船舶運営にかかわる情報を一つのシステムで管理する「船舶寿命周期管理システム」の開発に今年7月から着手した。  サムスン重工業は、造船所全体をコンピューターで制御するシステムを構築している。厚板の加工から組み立てなど全ての過程がコンピューターで制御され、それぞれの工程には無線通信などの技術が適用される。


[ 2009/01/11 09:01 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

クレーン崩壊事故現場写真

2008年5月30日深夜に崩壊し、作業員ら3名が死亡した、上海にある造船所の600トンクレーン。

Hudong-Zhonghua04.jpgHudong-Zhonghua06.jpg
[ 2009/01/10 22:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

外国船が韓国入港拒否?

【コラム】インド人たちの反韓デモ | Chosun Online | 朝鮮日報

 英日刊紙フィナンシャル・タイムズは先日、「外国人船員は韓国入港を拒否することを決意した」と報じた。

 2007年12月に忠清南道泰安半島沖で、サムスン重工業所属のクレーン船と、香港船籍のタンカー「ヘベイ・スピリット号」が衝突、原油が流出した事故があった。この事故で同号のインド人船長と一等航海士が拘束されたことに抗議し、船員が韓国入港を拒否することを決めたというのだ。



The Hindu : National : Outrage over sentencing of seamen in South Korea gathers storm
インド国際船員組合の総書記 Abfulgani Y.Serang は、「韓国の調査報告書は、インド人船員を事件に巻き込もうとする企み」と語った。また彼は、「サムソンによるでっち上げ」と言及した。

拘留された航海士 Syam Chetan は、インド海軍提督の息子。

【事件の流れ】
韓国領海内に外国のタンカーが停泊中(乗組員の多くは下船中)
 ↓
動力を持たないクレーン船(サムソン所有)を曳航する韓国のタグボート、タンカーを迂回せず、禁止された航路をショートカット
 ↓
危険なので港湾管理者が警告するも、誰も応答せず
 ↓
タグボート、荒波に負けてタンカー側へ流される。そしてクレーン船を引くワイヤーが破断
 ↓
クレーンがタンカーを直撃(大規模な油流出により、深刻な海洋汚染を引き起こす)
 ↓
事故に関する韓国での判決は「クレーンを避けないタンカーが悪いニダ!
停泊していたタンカーの船長と船員に禁固刑
[ 2009/01/04 00:00 ] 事件 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。