スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インド海軍、海賊に乗っ取られた漁船を撃沈

印海軍撃沈の“海賊の母船”、実は乗っ取られたタイの漁船

india_navy_attack.jpg

 国際海事局海賊情報センター(クアラルンプール)は26日、インド海軍艦艇が今月18日にソマリア沖で撃沈したと発表した「海賊の母船」が、実際には海賊に乗っ取られたタイの漁船だったことを明らかにした。

 武装した海賊が乗船していたため、海賊船と誤認した可能性が高いという。

 撃沈された船の乗組員の一人が、4日間漂流した後に救助され、海賊による乗っ取りと撃沈の経緯を証言。船主が同センターに通報した。他の乗組員十数人は行方不明。

 同センターなどによると、タイの漁船は18日にアデン湾で海賊に乗っ取られた後、行方不明となり、周辺海域で海賊警戒を行う北大西洋条約機構(NATO)の艦船などが捜索していた。

スポンサーサイト
[ 2008/11/28 06:30 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

佐世保重工が造船技術を逆輸入!?

DESEC、日本からバルク船6隻を受注 | Japanese JoongAngIlbo | 中央日報

大宇(デウ)造船海洋の子会社DESECは、日本の佐世保重工業(SSK)と計260万ドル(約2億5000万円)で、バルク船(3万8000トン級)6隻の設計供給契約を締結した。同社は、世界造船市場で技術力を認められている日本の造船所に、船舶設計の技術を供給することによって、韓国の造船技術の優秀性を立証付けることになった。



設計供給だから、船を受注したわけでは・・・・・・
[ 2008/11/26 18:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

新笠戸ドックで爆発事故、1人死亡

建造中の船爆発、1人死亡 新笠戸ドック

 二十五日午後四時ごろ、下松市笠戸島の船舶建造・修理会社「新笠戸ドック」で、建造中の貨物船内で爆発があり、福山市今津町の塗装工岡田雄一郎(おかだ・ゆういちろう)さん(30)が死亡した。ほかに男性三人が顔にやけどを負うなど軽いけが。

 下松署は、塗装作業中に塗料が気化し、何らかの原因で引火した可能性があるとみて原因を調べている。

 下松署や同社などによると、爆発があったのは貨物船の船首部底にあるバラストタンク部分。当時、岡田さんを含む作業員六人がタンク内部の塗装作業をしていた。けがをしたのは作業員一人と救助に向かった二人で、爆発後、火はすぐに消えたという。

 同社では昨年七月にも、修理中の貨物船内で爆発事故が起き、作業員ら十四人が軽傷を負った。


事故に関するお詫び

続く事故、ずさんさ浮き彫り

 同社は昨年7月にも修繕中の船内で爆発事故を起こし、14人がやけどなどをした。事故を受けて、火気の扱いには重点管理をしてきたと強調する。しかし、具体的には塗装現場では、たばこを吸わず、溶接をしない、といったごく基本的な指示をした程度だったという。

 業績は好調で新造船を昨年11月から再開。これまでに5隻を受注し、今回事故が起きた運搬船は引き渡しを来年1月に控え、急ピッチで仕上げ作業が進んでいた。下請け会社からも約800人が働いていたという。

[ 2008/11/25 20:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

Somalia

somalia.png

Somalia - Weebl's Stuff

【注意】音が出ます!

海賊・誘拐がソマリアの主要産業に:今年の「儲け」はすでに30億円 | WIRED VISION
[ 2008/11/22 07:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

造船14社が合同説明会

造船14社、12月に合同会社説明会 10年春採用に向け

 IHIの造船子会社アイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(東京・港)や三菱重工業、今治造船(愛媛県今治市)など主要造船14社は12月、2010年 3月卒業予定の大学生や大学院生を対象とした合同会社説明会を開く。造船業の魅力をアピールし、優秀な人材を確保する狙い。造船業界は電機や自動車に比べ知名度の低い企業が多い。採用活動で連携し、学生の関心を引き付ける考えだ。

 日本造船工業会(東京・港)の主催で「造船業界合同就職フォーラム」を12月10日に横浜市、同17日に神戸市で開く。業界動向や各社の事業内容を説明。各社は若手社員を配置、学生との交流の場も設ける。

[ 2008/11/21 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

原子力潜水艦事故は中国が原因?

<ロシア原潜事故>原因は「中国の低品質原材料」

2008年11月10日、日本海を試験航行していたロシア太平洋艦隊の原子力潜水艦が8日、消火装置の誤作動で20人が死亡した事件で、ロシアメディアは原因を「中国製の質の悪い原材料を使用したせいだ」と報じた。環球時報が伝えた。

事故を起こしたのは、攻撃型のアクラ級原潜「ネルパ」と見られている。9日付ロシア紙「Komsomolskaya Pravda」によると、この原潜は旧ソ連時代の91年、アムール州の造船所で建造に着手。96年にほぼ完成を迎えたが、その後8年間も放置された。04 年からさびや老朽化した部分の修繕が始まり、07年にようやく完成。今年10月に始まった試験運行の後は、インド軍に貸し出される予定だった。

同紙がこの造船所の職員から得た情報によると、経営危機に瀕していたこの造船所には熟練の作業員は1人も残っておらず、原潜を建造する際も質の悪い原材料を使っていた。原材料のほとんどは中国製。事故のあった原潜は最初の進水試験では、隙間からの浸水も発生していたという。



ロシア原潜事故、原因は中国製金属?粗悪品の可能性 地元紙「質悪く、継ぎ目から浸水」
[ 2008/11/13 07:00 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

現代と大宇、10月の受注がゼロ

韓国造船業界、10月の受注ゼロ(上) | Chosun Online | 朝鮮日報
韓国造船業界、10月の受注ゼロ(下) | Chosun Online | 朝鮮日報

 韓国造船業界が船舶の受注減に直面している。2日に現代重工業と大宇造船海洋が明らかにしたところによると、両社の10月の船舶受注業績はゼロだった。世界トップの現代重工業が月別の実績で1隻も受注できなかったのは3年10カ月ぶりのことだ。大宇造船海洋は先月も新規受注がなく、2カ月連続で注文が滞ったことになる。米国発の金融危機と世界的な景気不振の影響で世界の造船業界が失速している中、韓国の造船メーカーも見通しが暗いとの指摘が相次いでいる。

[ 2008/11/10 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。