スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸陽船渠に異例の行政指導

幸陽船渠の安全策徹底を指導

 広島労働局は25日、労働者の死亡災害が相次いでいる三原市の造船会社、幸陽船渠に対し、安全対策の徹底を文書で行政指導した。経営陣の責任や安全教育のあり方まで、具体的に指示する異例の内容になっている。

 指導内容は、経営トップが安全第一の経営を行うことを自社や協力会社の従業員、社会に宣言する▽安全大会を毎年開催する▽過去3年間の死亡災害を背景まで検証し、防止策を報告する―など5点。落合淳一局長が労働局に呼んだ桧垣俊幸社長に「人の命をもっと真剣に受け止めてほしい」と述べて文書を手渡した。

 同社では2006年から2年半余りで9人が亡くなる死亡災害が発生。労働局は今年6月、災害根絶のための抜本策を練るよう指導したが、その後も3件の死亡災害が起き、今後も発生の恐れがあると判断した。

スポンサーサイト
[ 2008/09/26 08:00 ] 事故 | TB(0) | CM(4)

タグボートってどんな船?

@nifty:デイリーポータルZ:でかい船を引っ張る小さい船

tugboat.jpg

洞海マリンシステムズ(株)が所有するタグボートの見学記事。
[ 2008/09/22 08:05 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

潜水艦=鯨!?

足摺岬沖の潜水艦はクジラ? | 国内 | Reuters

 高知県・足摺岬沖で国籍不明の潜水艦が領海侵犯したとされる問題で、防衛省・自衛隊はクジラを潜水艦と見誤った公算が大きいとの見方を固めた。ただクジラと断定できる「証拠」もなく、結論は迷宮入りになりそうだ。防衛省は、中国などの潜水艦に関する情報を収集、米軍にも協力を要請した。その結果、この海域に潜水艦がいた可能性はほとんどなく、クジラのヒレなどを誤認したのではないかとの判断に傾いた。


おいおい!!
[ 2008/09/22 08:00 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

潜水艦 領海侵犯事件の裏側

時事ドットコム:侵犯潜水艦、手掛かりなし=林防衛相
中国が日本側に抗議 潜水艦領海侵犯事件をめぐる報道に対して - MSN産経ニュース

 町村信孝官房長官は同日午前の記者会見で「報道について問い合わせがあった。『抗議』というほど強いものではない」と説明。潜水艦の国籍については「どこの国と特定できない。あたかも(日本)政府が中国籍と言っているかのごとき報道が一部あったのは、事実に反する」と述べた。



レコードチャイナ:<領海侵犯>「日本メディアは中国の潜水艦だと決め付けている」―中国紙

記事は、日本メディアがこぞって、04年11月に中国の原子力潜水艦が日本領海内を潜水航行した事件を取り上げ、「今回も中国の潜水艦に違いない」という誤解を与えるような報道をしていると非難。その上で、「これまでも鯨や魚群を潜水艦と誤認したケースは少なくない。今回もその可能性はゼロではない」と強調した。



最新情報(日本軍事情報センター)(神浦元彰氏)

私は防衛省の記者会見で国籍不明の潜水艦としたことで、メディアからの問い合わせに「中国の潜水艦」と話していた。日本とアメリカの潜水艦でないなら、中国の潜水艦しか軍事常識では考えられないからである。

 昨日、海上幕僚監部の赤星幕僚長は、記者の質問に答えて、「潜水艦の音は録音しなかった」と答えていた。そんなことを信じるような先進国の海軍関係者は世界中にいない。それどころか、中国の海南島や青島の潜水艦基地付近の海域に、海自の潜水艦が息を潜めて潜航し、日本近海から帰ってくる潜水艦を待ち受けている可能性もある。潜水艦の音を聞いて、どこの艦隊に所属するかを確認するためである。

 まあ、日本の潜水艦戦の能力を甘く見ないことをお勧めする。私は別に反中国主義ではないが、軍事常識だけははっきり申し上げることにしている。

[ 2008/09/18 20:00 ] 事件 | TB(2) | CM(0)

ベトナムの造船業、世界トップ5に選ばれる

ベトナム、世界の造船大国へ - HOTNAM!ベトナム最新情報

 『Fairplay』誌は昨年末、ベトナムを世界の造船国トップ5に選んだ。これは革新的な一歩で、ベトナム造船業界の成長を示すとともに、信頼が国際的に認められたことの表れといえる。

 世界のトップに名を連ねることができたのは、▽作業員の若さ、積極性、技術の高さ、▽世界最先端のITや造船技術の導入、▽技術や人への根深い投資、▽合理的な発展戦略など多くの要素による。この地位にたどり着くまでには大変な苦労があったが、これを維持し、「加工」にとどまらず船舶の「製造」国となるにはさらなる困難が待ち受けている。

 世界有数の造船国とする決心のもと、ベトナム船舶工業グループ(Vinashin)は2015年までに新造船の内地化率を65%に引き上げる目標を設定した。2006年からはCai Lanで年産能力50万トンの鋼板圧延工場の建設を始めており、これが今年第3四半期に操業する。昨年12月には造船用の鋼板を生産するためCuu Long鉄鋼株式会社の株を取得した。今年第4四半期にはDiesel Bach Dang社のラインで生産する、初めてのベトナム製主エンジンが生まれる。また現在はスイスのメーカーと現代的かつ環境にやさしいエンジンの製造で交渉を進めている。

[ 2008/09/16 08:15 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

江蘇省が造船で中国一に

江蘇省が造船で中国一に:エクスプロア深圳

 中国船舶工業行業協会によると、2008年8月の江蘇省の造船完成数、新規発注数ともに中国で一位になった模様だ。
 この中で、江蘇省が手がけている造船発注数は中国全国の35%で、全世界でも11.5%になるという。2009年上半期の発注数では、江蘇省、上海、浙江省とならぶ。また新規受注数では、江蘇省、浙江省、遼寧省となる。特に、民間からの受注が好調のようだ。


China-Jiangsu.png
[ 2008/09/16 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

国籍不明の潜水艦が領海内を潜航

豊後水道領海侵犯 国籍不明潜水艦 - MSN産経ニュース

 14日午前6時前、九州と四国の間の豊後水道周辺海域の日本領海内を航行中の海上自衛隊イージス艦「あたご」が、潜水艦の潜望鏡らしきものを発見、追尾を開始した。自衛艦隊司令部などで確認したところ、海自や米海軍の潜水艦でないことから、国籍不明の潜水艦による領海侵犯事案として、林芳正防衛大臣や首相官邸に連絡を入れ、態勢を整えたが、同日午前8時40分ごろ、国籍不明潜水艦を見失った

 防衛省によると、現在、豊後水道南方の九州東沖合の太平洋の広い範囲で、あたごとP3C哨戒機1機、対潜哨戒ヘリ2機による捜索を継続中、呉地方総監部から護衛艦3隻が現場海域に向かっているという。

 外国の潜水艦は領海内では浮上航行が国際海洋法で決められているが、今回は領海内を潜没航行中で、意図的な領海侵犯の可能性が高いと防衛省ではみており、当該潜水艦の再発見とともに、収集した情報から潜水艦の種類、国籍の特定を急いでいる。



080914submarine.jpg

時事ドットコム:中国潜水艦の可能性=海自の能力見直しを-「官邸への連絡遅い」・識者指摘

 領海内に入られるまで察知できなかった海自には「潜水艦を探知、追尾する能力は米国に次ぐとされ、日本列島周辺に対潜水艦網を築いているが、突破されたのは深刻。能力を回復する必要がある」とした。
 潜望鏡の確認から官邸への連絡まで約1時間半かかった点も問題とし、「発見と同時に情報共有すべきだ。戦争ならとっくに攻撃されている。(首相への連絡の遅れが問題となったイージス艦)あたごの事故の反省が生かされていない」と述べた。



関連記事:中国の潜水艦が米空母に接近
[ 2008/09/14 20:00 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

海のカーナビ「Sea-Navi」ユニ造からも航路解析システム

FujiSankei Business i. 総合/海ナビ実証実験へ ユニバーサル造船 ソフトで燃費改善

 造船大手のユニバーサル造船(川崎市)は、燃費や到達時間など目的ごとに最適航路を探索する「海のカーナビ」を開発した。来年から実際に就航中のコンテナ船などで実証実験を始める。航路は通常、船長が海図や気象予報などをもとに“経験”により決定しているが、海のカーナビは、船の大きさや波の高さなどの情報を総合的に計算して最適航路をはじき出す。5~8%の燃費改善などのメリットが見込めるという。

 造船会社は、水抵抗を削減できる船体に改良することで省エネを進めてきた。20年ほど前からはスクリュー周りへの機具装着などによる推進効率アップにも取り組み、数%の燃費改善を実現してきたが、ハード面での技術革新は限界に近づきつつある。そこで同社は、ソフト面での省エネ技術開発に2005年ごろから着手し、運航支援システム「Sea-Navi」を開発した。



運航支援システム “Sea- Navi”(PDF)
ユニバーサル造船、海ナビ実証実験へ 燃費改善期待 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

関連記事:三井造船、就航解析サービスを開始
[ 2008/09/12 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

郵船とENEOS、ソーラー貨物船プロジェクトを発足

日本発、太陽光発電を利用する世界初の貨物船 | WIRED VISION

solarcargoship.jpg日本企業2社が、貨物船のディーゼルエンジンを補う太陽光発電システムを開発中だ。この貨物船はトヨタ自動車の新車を米国に運ぶもので、実現すれば『プリウス』に搭載されるというソーラーパネルなどちっぽけに思えるほど、燃料を節約することができる。

このシステムでは、6万トンの船に太陽電池を搭載し、燃費を6.5%削減する計画だ。たったそれだけと思うかもしれないが、平均的な貨物船は1キロメートル進むごとに約282リットルの燃料を消費している。

日本最大の海運会社である日本郵船が、140万ドルをかけて新日本石油と共同開発しているこのシステムでは、日本からカリフォルニアまで約9700キロの距離を自動車を積んで航行した場合、約177.2キロリットルの燃料を節約できるという。

すなわち、太陽電池を乗せた船で運ばれたトヨタの車5000台のうち1台を購入すると、まだ乗ってもいない時点で、すでに約34リットルの燃料を節約したことになる。

英Reuters社の記事によると、日本郵船は、太陽光発電システムの導入によって、二酸化炭素の排出量を年間1~2%、約20トン削減できると述べているという。

ソーラーパネルはすでに、乗組員が使う電力の供給用として船舶に導入されているが、貨物船の動力源に使うという試みは今回が初めてだ。システムをカモメの害から守る対策だけでなく、塩分や振動の影響にも耐えられるようにしなければならない。

新日本石油の松村幾敏副社長によると、太陽光発電システム搭載船の第1号は、12月までに完成する見込みで、「システムの完全な実用化は3~5年後」を予定しているという。

日本郵船 ニュースリリース【太陽光エネルギーの船舶推進動力化の開発に着手】
【ニュースリリース 2008/8/26発行】ENEOS-新日本石油-

太陽光エネルギーを船舶の推進動力に、日本郵船と新日石が共同プロジェクト - ニュース - nikkei BPnet
[ 2008/09/09 22:00 ] 技術 | TB(0) | CM(0)

IHIが韓国で就職説明会

IHIが韓国でリクルート、700人が応募登録

日本企業として初、主要4大学で

 【ソウル4日上田勇実】重工業メーカー大手のIHI(旧石川島播磨重工業)は2日から5日まで、ソウルの主要大学で開催中の就職説明会に日本企業として初めて参加し、話題を呼んでいる。

 同社は、グローバル人材の確保に向け、教育水準が高く、地理的にも近い韓国に着目。求人難の日本と就職難の韓国の間で相互の利害も一致した。説明会参加の打診に回答があった延世大学、高麗大学、建国大学、成均館大学の4大学で、韓国企業に交ざってブースを設置し、講堂などを利用したプレゼンテーションも行っている。

 韓国人採用枠は、来年新卒採用の240人のうち技術系・事務系合わせて約10人。日本語が話せなくても、内定後に会社が6カ月間の語学研修を実施する。待遇は日本人と同一で、入社後は勤務先に近い会社の寮に入る。

 2日から4日までの3日間でブースなどへの来場者は1300人以上、実際に応募登録した学生は700人近くに達した。同社の満永敬哉・人事部採用グループ部長は、「韓国は優秀な人材が多い。今回の説明会で採用が順調にいけば、来年以降も続けたい」と述べた。



IHI企業説明会 日程(韓国語→日本語)

関連記事: IHI「韓国人大量採用」 博士の独り言

この種の「ニュース」は、国内のメディア、新聞では報じられない。国内では報じられないのだが、しかし、韓国紙が、情報をポロリと記事にする。それで「動き」が判る、という。このような事例が増えつつあるかに映る。


[ 2008/09/04 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。