スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本のタンカー、海賊に乗っ取られる

日本のタンカー、海賊がソマリア沖で乗っ取る

拡大地図を表示

 国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)によると、アフリカ東部ソマリア沖のアデン湾で日本時間28日午前11時16分、パナマ船籍で日本企業が所有するケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」(6253トン)から、「海賊に乗っ取られた」との救難信号が入った。

 乗組員は韓国人、フィリピン人、ミャンマー人の計23人で、日本人はいない。インド洋での海上阻止行動に参加しているパキスタン海軍の艦船が追跡したが、タンカーはソマリア領海に入ったといい、同センターは米海軍など周辺国に事件発生を連絡、協力を要請した。

 ソマリア近海では近年、組織化された海賊による船員の誘拐や人質事件が多発している。IMBによると、今年1月から9月末までの間に、未遂も含め26件の海賊事件が発生している。
(2007年10月29日20時37分 読売新聞)


小さなバイキング ビッケ DVD-BOX1
小さなバイキング ビッケ DVD-BOX1
スポンサーサイト
[ 2007/10/29 21:25 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

西日本の造船業、ほぼ全社黒字

西日本の造船業、今年度ほぼ全社黒字見込み - MSN産経ニュース

 世界的な海運好況を背景に西日本の造船会社は今年度、おおむね黒字見込みであることが12日、民間シンクタンク「いよぎん地域経済研究センター」(松山市)のまとめでわかった。数年前の低採算の受注案件が完了したことなどが影響した。

 今年1~3月、西日本の造船会社42社を対象に調査。今年度の利益見込みについては23社が回答した。うち22社が建造能力の拡大や収益性の高い船舶建造へのシフトなどを理由に黒字を予想。

 また、造船活況の今後の見通しについては、回答した20社のうち11社が「5年間は続く」と予測。2社が「中国の粗鋼生産量見込みから今後10年間は堅調に推移する」と強気な見方をする一方で、7社は「好況は上海万博が開催される2010年まで」と慎重な見通しを示した。

 そのほか、新造船受注量で昨年、日本を抜いて2位に浮上した中国について、回答した22社中13社は「国策として建造能力を増強している」「労働力が無尽蔵」などとして「大いに脅威を感じる」と答えた。



株式会社いよぎん地域経済研究センター:プレスリリース(平成19年10月1日)
[ 2007/10/15 12:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。