スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレーン倒壊、3人が死亡/川崎造船神戸工場

川崎造船神戸工場でクレーン倒壊、3人死亡4人重軽傷

 25日午前9時50分ごろ、神戸市中央区東川崎町の川崎造船神戸工場で、造船用クレーン(高さ約50メートル、約800トン)のアーム部分(高さ約30メートル)が倒れた。

 兵庫県警生田署などによると、近くでクレーンの修理作業をしていた同社の作業員ら9人のうち、同県高砂市の赤瀬祐三さん(55)ら3人が死亡、4人が重軽傷を負った。

 調べでは、午前8時15分ごろから、作業員がクレーン部品の交換作業のため、主軸を動かそうとしていた。クレーンは、工場敷地内の中央付近にあり、アーム部分は「く」の字形に折れ曲がって、一部は隣接する工場の屋根に突き刺さった。クレーンは造船用の資材を運ぶためのものという。



070825khi_crane-2.jpg070825khi_crane-2.jpg

クレーン:アーム倒壊 3人死亡4人重軽傷 川崎造船神戸

 死亡したのは同社社員の赤瀬祐三さん(55)=兵庫県高砂市曽根町▽同、篠原武史さん(40)=神戸市灘区岩屋北町2▽人材派遣会社社員、山本和夫さん(55)=同市垂水区美山台1。

 同課の調べや川崎造船によると、事故はクレーンの主軸下部に設置されているベアリングの交換作業中に起きた。前日にベアリングの一部破損が見つかったため、25日午前8時から、4基の油圧ジャッキでクレーンの主軸を数センチ持ち上げる作業に取りかかった。現場責任者の赤瀬さんら6人は地上約12メートルのフートステップに、篠原さんと山本さんが地上約31メートルのローラーパスにいた。

 午前9時ごろからジャッキの油圧を上げたところ、主軸がフートステップ部分から折れ、アームが後方に倒れたという。4基のジャッキの油圧が不均等にかかったことやジャッキそのものの不具合が事故につながった可能性もあり、同課は入院中の作業員らから事故当時の詳しい状況を聴いて原因の特定を進める。

 倒れたのは「走行式ジブクレーン」と呼ばれる重機で、64年に同工場に設置された。船舶の部材を運ぶためにドックのレール上を移動する構造になっている。




拡大地図を表示
スポンサーサイト
[ 2007/08/25 23:30 ] 事故 | TB(0) | CM(0)

作業場にライターとたばこ

IHI爆発事故:ライターとたばこ発見 愛知県警 (毎日新聞)

 愛知県知多市北浜町のIHI(旧・石川島播磨重工業)愛知工場で6日、作業員6人が死傷した爆発事故で、爆発のあった大型運搬船内の隔壁の外側付近で、持ち込みが厳禁されている複数のライターと数本のたばこが発見されていたことが8日、分かった。県警捜査1課と知多署は爆発との関連を慎重に調べている。

 調べによると、爆発は船体内を区切っている隔壁の内部で起きたとみられるが、ライターなどは隔壁の外側の船底で見つかった。6人が隔壁内部で壁の塗装作業に使っていた塗料は引火性で、揮発して爆発を起こす可能性があることから、現場は労働安全衛生法で火気の使用が禁止されている。IHI側は6日夜、「現場責任者が火気の持ち込みの有無を確認しているが、事故当日に確認をしていたかは不明」などと説明していた。

 死亡した塗装工の杢尾(もくお)龍己さん(22)=同市日長台=と重体の山高聡一さん(24)=同=は爆風で約20メートル吹き飛ばされたという。ライターなどが発見されたことについて、IHI広報室(東京)は「コメントできない」などと話している。

[ 2007/08/08 22:00 ] 事故 | TB(1) | CM(0)

IHI愛知工場で爆発、6人死傷

建造中の船舶内で爆発、6人死傷 IHI愛知工場 (朝日新聞)

 6日午後5時ごろ、愛知県知多市北浜町のIHI(旧・石川島播磨重工業)愛知工場内にある同社関連会社のドックで、建造中の大型船舶内で塗装作業中に爆発が起きた。知多署によると、現場にいた男性作業員のうち1人が死亡、1人が重体で、1人が重傷。ほかに3人が軽いけがをした。同署で原因を調べている。

 調べによると、死亡したのは作業員杢尾龍己(もくお・たつみ)さん(22)。杢尾さんだけが、ほかの5人と隔壁で分かれた別の区画で見つかった。

 調べでは、爆発があったのは鉄鉱石などを運ぶ20万トン級の大型運搬船の船首と船尾を除いた中央部分。内部が空洞になっている隔壁の内側に塗料を吹きつける作業をしていた。塗っていたのは、腐食防止のための変性エポキシ塗料で、引火性があるという。当時、付近にいた人によると、「ドーン」という大きな音とともに煙が上がった。

 IHIは同日午後8時すぎから記者会見した。それによると、事故があったドックは子会社「アイ・エイチ・アイ・エスエーテック」のもの。今回の造船はIHIが受注してエ社に下請けさせていた。死傷した6人はいずれも孫請けの塗装会社の作業員だったという。

 爆発があった中央部分は長さ約100メートル、幅約60メートル、高さ約30メートル。今月下旬に完成予定だった。区画を仕切る隔壁付近で爆発したという。この日、船内では午前8時から午後5時までの予定で約40人が作業をしていたという。

 同工場は、名古屋港に面する工業地帯にある。周辺には中部電力の火力発電所や製油所などが立ち並ぶ。

 IHIのホームページによると、同工場は敷地面積約73万平方メートル。従業員数は約370人。造船のほか、橋梁(きょうりょう)やシールド掘進機などが主な生産品目だ。



ドックでごう音、黒煙「爆弾落ちたのか」 (中日新聞)
作業員は失血死、身元特定=15メートル飛ばされる-愛知船内事故 (時事通信)
[ 2007/08/06 23:30 ] 事故 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。