スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

造船大手3社が2桁減益を予想

造船重機決算、業況厳しく3社が2けた減益を予想 - MSN産経ニュース

 造船・重機大手5社の平成21年3月期連結決算が11日、出そろった。世界的な景気低迷を受けて各社とも利益が大幅に悪化し、IHIが最終赤字となったほか、残る4社の減益幅も2けたの大幅減益だった。10年3月期でも三菱重工業、川崎重工業が利益の約半減を予想するなど、景気悪化に伴う個人消費の縮小と自動車業界をはじめとする設備投資の縮減が、業績の足を引っ張る見通しだ。

 売上高では川崎重工と住友重機械工業が減収となった。利益面では、IHIが74億円の最終赤字に陥ったほか、各社とも大幅な最終減益となった。特に、景気悪化による需要の減退や原材料価格の上昇により、小型エンジンなどの採算が悪化。川崎重工は二輪車事業の縮小が業績に響いた。また海外子会社の不振による、持分法損益の悪化や円高も利益を圧迫した。

 景気の先行きには不透明感が強い。22年3月期にも、三菱重工は自動車業界の減産で同業界向けのエンジンやターボチャージャーなど汎用機事業の不採算が継続するとみている。航空・宇宙関連事業も営業赤字の見通しだ。

 川崎重工も「欧州の二輪車市場が25%程度縮小する」(高尾光俊常務)と見ており、二輪車部門が260億円の営業赤字となる見通し。この結果、3社が最終利益で5割近い減益を予想している。一方、特別損失の負担が消えるIHIは最終損益で黒字転換を見込み、三井造船も同損益で8・1%増の増益予想だ。

スポンサーサイト
[ 2009/05/12 00:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

造船14社が合同説明会

造船14社、12月に合同会社説明会 10年春採用に向け

 IHIの造船子会社アイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(東京・港)や三菱重工業、今治造船(愛媛県今治市)など主要造船14社は12月、2010年 3月卒業予定の大学生や大学院生を対象とした合同会社説明会を開く。造船業の魅力をアピールし、優秀な人材を確保する狙い。造船業界は電機や自動車に比べ知名度の低い企業が多い。採用活動で連携し、学生の関心を引き付ける考えだ。

 日本造船工業会(東京・港)の主催で「造船業界合同就職フォーラム」を12月10日に横浜市、同17日に神戸市で開く。業界動向や各社の事業内容を説明。各社は若手社員を配置、学生との交流の場も設ける。

[ 2008/11/21 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

造船大手、外国人新卒採用へ

造船重機大手、外国人新卒採用を拡大

 造船重機大手が本社での外国人新卒採用を本格化している。来春、三菱重工業は例年の1―2人から18人に拡大。今年初めて韓国で会社説明会を開いたIHIは韓国人だけで8人に内定を出し、外国人採用は15人と今春の2倍以上にする。産業界では1日、主要企業が来春入社組の内定式を開き、2010年春の採用活動が動き出す。海外事業拡大や国内の技術者不足に対応するため、海外営業要員やエンジニアで外国人採用がさらに活発になりそうだ。

 三菱重工は中国、韓国や東南アジアの出身で、日本の大学に留学している学生を中心に採用する。同社は売上高の約半分を海外が占め、原子力発電機器や小型ジェット旅客機など海外を主戦場とする事業も多い。「グローバル展開には優秀な海外の人材が不可欠」として、今後も20人前後の採用を続ける方針だ。

[ 2008/10/08 06:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

Dr. 海洋

シップ・オブ・ザ・イヤー:双胴の環境船「海の名医」が最優秀賞 /兵庫 - 毎日jp(毎日新聞)

 IHIグループの造船所「アイ・エイチ・アイ・アムテック」(相生市)が建造した国土交通省近畿地方整備局神戸港湾事務所の海洋環境船「Dr.(ドクター)海洋」が、日本船舶海洋工学会選定のシップ・オブ・ザ・イヤー2007特殊船部門最優秀賞を受賞した。関係者は相生伝統の造船技術の高さが評価されたと喜んでいる。


Dr_Kaiyo.jpg

「ドクター海洋」海を守る清掃船兼油回収船-JanJanニュース
シップ・オブ・ザ・イヤー候補船 | 日本船舶海洋工学会
[ 2008/10/04 12:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

IHIが韓国で就職説明会

IHIが韓国でリクルート、700人が応募登録

日本企業として初、主要4大学で

 【ソウル4日上田勇実】重工業メーカー大手のIHI(旧石川島播磨重工業)は2日から5日まで、ソウルの主要大学で開催中の就職説明会に日本企業として初めて参加し、話題を呼んでいる。

 同社は、グローバル人材の確保に向け、教育水準が高く、地理的にも近い韓国に着目。求人難の日本と就職難の韓国の間で相互の利害も一致した。説明会参加の打診に回答があった延世大学、高麗大学、建国大学、成均館大学の4大学で、韓国企業に交ざってブースを設置し、講堂などを利用したプレゼンテーションも行っている。

 韓国人採用枠は、来年新卒採用の240人のうち技術系・事務系合わせて約10人。日本語が話せなくても、内定後に会社が6カ月間の語学研修を実施する。待遇は日本人と同一で、入社後は勤務先に近い会社の寮に入る。

 2日から4日までの3日間でブースなどへの来場者は1300人以上、実際に応募登録した学生は700人近くに達した。同社の満永敬哉・人事部採用グループ部長は、「韓国は優秀な人材が多い。今回の説明会で採用が順調にいけば、来年以降も続けたい」と述べた。



IHI企業説明会 日程(韓国語→日本語)

関連記事: IHI「韓国人大量採用」 博士の独り言

この種の「ニュース」は、国内のメディア、新聞では報じられない。国内では報じられないのだが、しかし、韓国紙が、情報をポロリと記事にする。それで「動き」が判る、という。このような事例が増えつつあるかに映る。


[ 2008/09/04 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

川重、住重、三井 過去最高の増益

FujiSankei Business i. 産業/造船・重機6社増収 川重など3社、営業益最高 08年3月期

 造船・重機大手6社の2008年3月期連結決算が14日、出そろった。全社が増収を記録し、営業利益はプラント事業で多額の損失を出したIHI(旧石川島播磨重工業)を除く5社が増益となり、このうち川崎重工業、住友重機械工業、三井造船の3社が過去最高を更新した。民間設備投資の拡大を背景に船舶部門や機械部門が好調だった。

 09年3月期は鋼材など原材料価格の高騰や急激な円高が重しとなり、営業利益は日立造船を除く5社、最終利益は全社が減益を見込んでいる。好業績を続けた造船・重機大手の収益構造に陰りが漂い始めた。08年3月期は川崎重工、住友重機、三井造船の3社が売上高で過去最高を達成。三菱重工も1985年に三菱自動車を連結対象から外れた後の最高となった。


zosen0803.jpg
[ 2008/06/14 18:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)

IHIの追徴金、過去最大の十数億円に

IHIに課徴金十数億円か - 経済ニュース : nikkansports.com

 証券取引等監視委員会は14日、造船重機大手のIHI有価証券報告書を虚偽記載し、投資家の判断を誤らせた疑いがあるとして、課徴金十数億円を課す行政処分を出すよう月内にも金融庁に勧告する方針を固めた。

 課徴金額は金融庁が2007年1月に納付命令を出した日興コーディアルグループの5億円を超え、過去最大となる。

 IHIはエネルギー・プラント事業での巨額損失を07年3月期連結決算に反映せず、純損益は実際は45億円の赤字だったのに、158億円の黒字と記載するなどした。監視委は、不正な情報開示で投資家を欺いてきた責任は重いと判断した。

 監視委は、IHIがプラント建設で補修工事を繰り返すなど当初計画の利益を出すのが難しくなっていたのに、損失を正確に把握できなかったことが背景にあると認定したもようだ。隠ぺいなど問題行為がなかったかも慎重に調べたが、最終的に悪質性は低いと判断し、東京地検への告発は見送る方針だ。

[ 2008/06/14 12:00 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。