スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日韓中、泥沼の造船三国志

日韓中、泥沼の造船三国志:日経ビジネスオンライン

 造船市場の急激な縮小が止まらない。英調査会社クラークソン・リサーチの調査では、昨年夏に月300隻を超えていた世界の受注が今年1月にはたったの9 隻に落ち込んだ。2月以降は造船首位である韓国の大手も受注がほぼゼロという「異常事態」だ。今後は2003年以降に韓国と中国が踏み切った大幅な設備増強が空前の過剰供給をもたらし、泥沼の安値受注競争が避けられない。日本を含む3大造船国は今後、「三国志」の世界のように自らの存亡を賭けた死闘に突入しそうだ。


 過去2回の造船不況は、1970年代後半と、80年代後半に起きた。当時、圧倒的な世界トップだった日本の造船業界は、運輸省(現国土交通省)の行政指導によって、それぞれ35%、20%の能力削減に動いた。

 だが、現在の世界首位である韓国が能力削減に動くとは思えない。韓国国内の各社は激しいライバル関係にあり、政府にも能力削減を強制する権限はない。「政府主導で能力削減を実施すれば、日本のように競争力を失う」と、業界大手の間では、早くも政府の介入を牽制する声が出ている。


 中国も安値受注に走らざるを得ない事情がある。昨年秋以降、日本の年間建造量に匹敵する2000万総トン程度の注文がキャンセルになったと言われる。中国全土に約1000カ所ある造船所の大半が資金繰りの悪化などに直面しており、採算度外視でも受注して前受け金を確保しなければ、経営破綻が避けられないからだ。


 一方、日本の造船業界首脳の間ではまだ、それほど悲壮感はない。今回の造船ブームでも大幅な設備増強に踏み切らなかったためだ。2012年末までの受注残もある。昨年は業界全体で1500億円ものコストアップ要因になった鋼材費も今年は値下がりが確実で、当面は3~5%程度の売上高営業利益率を確保できる見通しだからだ。

 しかし、楽観はできない。最大の問題は2013年以降の展望が見えないことだ。業界再編など攻めの戦略がなければ、じり貧状態が続くだけだ。

スポンサーサイト
[ 2009/04/08 00:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

中国で就職詐欺

「造船所に就職させる」中国で790人から金を騙し取る | Japanese JoongAngIlbo | 中央日報

慶南警察庁外事捜査隊は8日、黒龍江省海林市で現地人790人を対象に就職詐欺を行い1042万元(約1億4000万円)を騙し取った容疑者の拘束令状を申請した。容疑者は中国内の海外就職斡旋会社代表に近づき、「韓国の造船所に2000人を就職させる」とだまし、送出費用名目で1人当たり1000万~2000万ウォンを騙し取っていた容疑を受けている。

容疑者は、青瓦台(大統領府)直属の国家戦略研究所長や新聞社の編集局長の肩書きのついた名刺を使い、政界関係者との親交を誇示するなどして現地の人たちをだましていた。

[ 2009/02/09 12:00 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

韓国造船業の切り札「デジタル造船」

「デジタル造船」で不況を乗り切る韓国造船業界(上) | Chosun Online | 朝鮮日報
「デジタル造船」で不況を乗り切る韓国造船業界(下) | Chosun Online | 朝鮮日報

 IT技術は船舶建造工程の至るところで使われる。韓国の造船大手は、3-5年前から船舶専用の3次元設計システムを運営している。船体やその内部に納められる電線・パイプ・機械装置などを立体的に設計するプログラムで、一般の設計システムよりも精密度が高く、生産性が10%以上向上した、というのが業界の説明だ。



現代重工業は、IT技術を通じ船を完成させる「デジタル造船」計画を進めている。そのため現代重工業は、船舶の契約・設計・建造・アフターサービスなど、船舶運営にかかわる情報を一つのシステムで管理する「船舶寿命周期管理システム」の開発に今年7月から着手した。  サムスン重工業は、造船所全体をコンピューターで制御するシステムを構築している。厚板の加工から組み立てなど全ての過程がコンピューターで制御され、それぞれの工程には無線通信などの技術が適用される。


[ 2009/01/11 09:01 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

外国船が韓国入港拒否?

【コラム】インド人たちの反韓デモ | Chosun Online | 朝鮮日報

 英日刊紙フィナンシャル・タイムズは先日、「外国人船員は韓国入港を拒否することを決意した」と報じた。

 2007年12月に忠清南道泰安半島沖で、サムスン重工業所属のクレーン船と、香港船籍のタンカー「ヘベイ・スピリット号」が衝突、原油が流出した事故があった。この事故で同号のインド人船長と一等航海士が拘束されたことに抗議し、船員が韓国入港を拒否することを決めたというのだ。



The Hindu : National : Outrage over sentencing of seamen in South Korea gathers storm
インド国際船員組合の総書記 Abfulgani Y.Serang は、「韓国の調査報告書は、インド人船員を事件に巻き込もうとする企み」と語った。また彼は、「サムソンによるでっち上げ」と言及した。

拘留された航海士 Syam Chetan は、インド海軍提督の息子。

【事件の流れ】
韓国領海内に外国のタンカーが停泊中(乗組員の多くは下船中)
 ↓
動力を持たないクレーン船(サムソン所有)を曳航する韓国のタグボート、タンカーを迂回せず、禁止された航路をショートカット
 ↓
危険なので港湾管理者が警告するも、誰も応答せず
 ↓
タグボート、荒波に負けてタンカー側へ流される。そしてクレーン船を引くワイヤーが破断
 ↓
クレーンがタンカーを直撃(大規模な油流出により、深刻な海洋汚染を引き起こす)
 ↓
事故に関する韓国での判決は「クレーンを避けないタンカーが悪いニダ!
停泊していたタンカーの船長と船員に禁固刑
[ 2009/01/04 00:00 ] 事件 | TB(0) | CM(0)

佐世保重工が造船技術を逆輸入!?

DESEC、日本からバルク船6隻を受注 | Japanese JoongAngIlbo | 中央日報

大宇(デウ)造船海洋の子会社DESECは、日本の佐世保重工業(SSK)と計260万ドル(約2億5000万円)で、バルク船(3万8000トン級)6隻の設計供給契約を締結した。同社は、世界造船市場で技術力を認められている日本の造船所に、船舶設計の技術を供給することによって、韓国の造船技術の優秀性を立証付けることになった。



設計供給だから、船を受注したわけでは・・・・・・
[ 2008/11/26 18:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

現代と大宇、10月の受注がゼロ

韓国造船業界、10月の受注ゼロ(上) | Chosun Online | 朝鮮日報
韓国造船業界、10月の受注ゼロ(下) | Chosun Online | 朝鮮日報

 韓国造船業界が船舶の受注減に直面している。2日に現代重工業と大宇造船海洋が明らかにしたところによると、両社の10月の船舶受注業績はゼロだった。世界トップの現代重工業が月別の実績で1隻も受注できなかったのは3年10カ月ぶりのことだ。大宇造船海洋は先月も新規受注がなく、2カ月連続で注文が滞ったことになる。米国発の金融危機と世界的な景気不振の影響で世界の造船業界が失速している中、韓国の造船メーカーも見通しが暗いとの指摘が相次いでいる。

[ 2008/11/10 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

【韓国】日本の技術を盗み世界一になった現代重工業

【韓国】日本の技術を盗み世界一になった現代重工業

連日の“技術盗み”に、国民が衝撃を抱いている。この間は、現代起亜車の前・現職員達が22兆ウォン相当の価値がある、自動車の核心技術を中国自動公司へ密かに渡した疑いで拘束されたと思ったら、今度は15兆ウォン相当の価値がある、最先端ワイブの技術を抜き取ってアメリカに売ろうとしていた一党が拘束された。

こうした技術は、絶体絶命のサンドイッチ危機に見舞われた、我々の企業らが天文学的な研究開発コストを投入し、エンジニア達が徹夜してアイデアを搾り出してようやく成した、わが国の“未来の食べ物”という共通点を持っている。それだけに、他国の競争会社らが虎視眈々とヨダレを垂らしているのは当然だ。

・30年前の鄭周永会長の“技術盗み”

“技術を盗む”のは事実上国際的慣行だ。とても有名な国際多国籍企業たちも、今も休まずに試みているし、経済大国の夢を見ている新興国家たちも同様だ。私たちも同じだった。

(中略・・・1970年代の、鄭周永さんによる現代重工業創建物語。他の財閥が引き受けない中、造船業を引き受けた鄭周永会長。そんな中、技術力がないと気づく。1万5000トン級ぐらいまでしか作った事が無かったのに、うっかり30万トン級の受注を受けてしまったのだ。そんな彼らが取った手段は・・・)

現代造船に必要な技術力を取り揃えてくれたのは、当時世界造船業界をまさに席巻していた、日本の造船業界だった。しかし当然、日本の造船業界は韓国を極度に警戒した。韓国の手助けをすれば、虎の子を飼う愚を犯す事が明白だったからだ。

(中略・・・鄭周永会長の“技術盗み”奮戦記。“芸者”とまで呼ばれた接待の達人の鄭会長。親しかった日本のK造船会長に真心をつくし、遂にその接待術にK造船会長に「何か手伝えることはないか」と申し出させたのである。)

この時、鄭会長のした頼みは「2人だけ研修生をK造船で1年間だけ引き受けてくれないか」というものだった。K造船会長は、気経にこの頼みを聞き入れた。鄭会長の下心は確かに見え透いていたが、巨大な造船業の実体を、ただ2人の研修生だけで1年以内に把握するということは不可能だという判断であった。

このようにして現代造船の若い二人の職員が、日本のK造船で研修を行ったのである。
彼らに下された“特命”は簡単だった。

なんでも役立つに値するものはすべて持って来い」だった。この時から、二人の職員は綿が水を吸いこむように、次から次に記録を集めた。不法も厭わなかった。
[ 2008/10/30 08:00 ] トピックス | TB(0) | CM(3)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。